車を賢く高値で売るには

乗らない車の売却はいつがいいのか?

tanto2

 

愛車を手放すならベストのタイミングで

 

車を売りたい時いつ売ったら得するのか、はたしてそんな時期があるのか・・・?

 

 

実は、これが色々あるんです。売却に適した時期に売ると平時に比べ高く売れるのは間違いありません。

 

 

 

 

タイミング@
中古車市場は年間を通じて比較的安定してるといわれています。

 

 

しかし、決算時期(3月・9月)やボーナス時期(8月・12月)になると流通が活発になります。

 

 

この時期になると企業では予算の関係などで大きな金額が動かしやすくなります。

 

 

また、個人はボーナスを当て込んで「新車には手が届かないが中古車なら何とか捻出できそう」と考える人が多くなります。

 

 

少しでも高く売りたいなら、こういった時期を考慮して売却するのがベターです。

 

 

特に、1月〜3月は新車の販売も伸びるのですが、
中古車もご他聞にもれず売買が活発になります。

 

 

この時期は軽自動車や小型車の流通が目立ちます。
新生活を前に免許を取り最初の車を購入しようという人たちが増えるのが理由だそうです。

 

 

また、オープンカーは春先、ワンボックスやオフロード車は夏と冬によく売れます。

 

 

夏は長距離ドライブやアウトドアが多い時期、冬は積雪のため4WD車が活躍するためです。

 

 

 

 

タイミングA
車のモデルチェンジ前が最もいいタイミングです。

 

 

モデルチェンジ車が出た後では買換えが多くなり希少価値が無くなるので、価格が下がります。

 

 

売却をお考えならその車種のモデルチェンジのタイミングを調べておくのも高く売れるコツです。

 

 

ただ、モデルチェンジ前のタイミングは情報が流れると買い控えが多くなるので、

 

 

かなり速く情報をつかんで迅速に売却しないと高く買い取ってもらえないケースも考えられます。

 

 

 

 

タイミングB
車検の前もグッドタイミングといえます。なぜなら、

 

 

車検を終えて売却しても車検代がその車に上乗せになる訳でもないし、

 

 

逆に車検前と言っても車検代が差し引かれて安く買い取られるわけでもないからです。

 

 

売却を考えるなら車検代もバカにならない金額なので、近づいたら検討してみて下さい。

 

愛車を賢く売る秘訣

a0782

 

新車の買換えで愛車を手放そうと考えている場合、

 

 

通常、新車販売店(ディーラー)に行って「下取り車があるので見積もって下さい」などと言うと、

 

 

一番安い見積しか出てきません。その言葉は、最初に新車販売店を訪問したときには禁句です。

 

 

ただし、あなたが前もって「愛車の売却相場」を調べ上げたうえで言っているのであれば何の問題もありません。

 

 

>>>愛車の売却相場チェックはコチラ

(無料)

 

 

なぜなら、ディーラーは、あなたが車の売却相場を知らないと踏んだら、

 

 

ここぞとばかり安値で買取ろうと必死に「値引き価格との調整」などといって下取り価格を安く見積もり、

 

 

新車の値引きを大きく見せる工夫をしてきます。
新車購入は、値引きもそうですが下取り車がある場合、

 

 

下取り価格の差がそっくり値引き価格に掛かってきますので、

 

 

愛車を売る方も下取り車を買う方もここが勝負になってきます。

 

 

それを理解していないと大きな損を負うことになってしまうのです。

 

 

ディーラーの担当者と値引き交渉に入る前に、自分の「愛車」の買取価格の相場を知る事です。

 

 

それには、みんながやっている無料の「車買取一括査定」サイトを利用するのが一番手っ取り早い方法です。

 

「車買取り一括査定」サイトランキング(申込みは全て無料)

 

「車買取り一括査定」サイトは色々ありますが、入力がカンタンで車の買取り相場がすぐわかる。

 

 

そして「ガリバー」や「アップル」など全国規模で信頼の置ける業者が揃っているところがベストです。

 

 

そこで、私のオススメ優良厳選「サイト」がありますのでサイトランキング「ベスト3」を下記に紹介します。

 


>>>かんたん車査定ガイド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・どなたにでも簡単に入力でき、
価格がすぐわかる
・厳選された優良買取業者のみ選定
・他の方の実際の査定価格が見れる
・最大10社の見積比較が出来る

 


                                    
                               

>>>ズバット車買取比較

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・エリアや条件に沿った適切な業者10社
に査定依頼
・全国150社、利用者100万人以上、
電話でも査定OK
・年中無休、サービスや実績で高い信頼度  

 


>>>カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

 

・電話が苦手な方でもメールだけでOK
・リクルートが運営する大手で、信頼が置ける
・最大30社から査定の返事がくる

 


一括査定を申し込んだ後の対応について

a1180

 

一括査定を申し込むと、速いところで5分もしない内に数社からメールや電話が掛かってきます。

 

 

内容は「おおよその買取価格」と「無料出張査定のアポイント」です。

 

 

査定は入力された内容を見ておおまかに出ますが、先方は実際に実車を見て良い条件を出して
ぜひ買い取りたいわけです。

 

 

対応の早い業者は、あなたの査定に出した車をすぐにでも高くても買い取りたい訳です。

 

 

理由はその車種を欲しくて探しているお客様がいるか、魅力的な車種の場合オークションで高くすぐ売れるからなどです。

 

 

ここで、よく考える事です。
ポイントは、少しでも高く買い取ってくれる業者を選ぶわけなので、最低3〜5社に見積を依頼したほうが良いのですが、

 

 

●見積依頼の方法が重要になります。

@出来るだけ早く連絡の来た業者を優先的に選ぶ。
A対応のよさそうな(気が合いそうな)担当のいる業者を選ぶ。
Bできるだけ同日同時刻に全ての業者を出張査定に呼ぶ。
C小さい傷やへこみはそのままでよい。
D見積前には必ず室内外とも綺麗に洗車しておく。
E必要書類(車検証・自賠責保険証)は必ず用意しておく。

69476515

 

早く連絡が来た業者を呼ぶのは、それだけ当該車が欲しいからと解釈できるからです。

 

 

対応がよさそうで気が合いそうな営業マンは電話で話をしていて感覚ですぐにわかると思います。
その方が交渉がしやすくなります。

 

 

同日同時刻に業者を呼ぶのは、買取価格だけの交渉にしたいからです。
別々に呼ぶと駆け引きで「すぐにサインするならこの価格で買い取る」などど、

 

 

営業マンが他との交渉をさせない作戦を取るなど煩わしくなるのです。

 

 

しかし、どうしても同時に呼べない場合があるので、その場合は買取価格だけ聞いて

 

 

「他の業者にもあたるので」といって待ってもらいましょう。
いずれにしても、それまでに自分で相場を徹底的に調べ上げすぐサインをしないことです。

 

 

小さい傷やへこみは、修理しないでそのままでよい。買取業者で安く修理できるから問題ないのです。
専門家によると下手に修理するより、かえってそのままにしていたほうが有利なようです。

 

 

洗車するのは汚れているより綺麗なほうが査定するほうも心証がいいです。
しかしワックスがけしてピカピカにする必要はまったくありません。

 

 

それによって査定額が変わることはないのです。

 

>>>車買取り一括査定はコチラ

 

中古車売却時のQ&A

 

 

 

005668

契約当日必要な書類は?
・車検証
・印鑑証明書
・実印
・自動車税納税証明書
・自賠責保険証

 

 

※売却が決まって車の明渡し時には、リサイクル券、委任状、譲渡証明書が必要になりますが、業者とよく相談しましょう。

一括査定サイト紹介

車サポートコーナー